×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーという職業がある事をご存知でしょうか?ファイナンシャルプランナーとは、個人資産の運用、金融などに対し、総合的な面からのアドバイスを送るという資格・職業です。略称としてFPと呼ばれることもあります。
ファイナンシャルプランナーは、顧客の収入や借り入れ、現在の資産、家族構成などといった情報を元に、住居の選択、教育方法、老後の生活などといったライフプランニングを作成し、それを実行する為の資金計画を行う職です。その後、社団法人金融財政事情研究会がFPセンターを設立し、現在のNPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の前身である日本FP協会がCFP資格の試験、そしてAFP資格の試験を始めた事から、ファイナンスプランナーは市民権を獲得し、職業の一つとして認知されるようになりました。つまりは、個人の人生に対し、どのような資産のやり繰りをすれば、望みどおりの、或いは理想に近いライフスタイルでその後の生活を送れるかという、将来的な展望を叶えて差し上げるという職業なのです。
現在では、ファイナンシャル・プランニング技能士という国家資格もあり、非常に人気の高い職業となっています。また、試験を受けてその資格を得た人、その職業に就いている人の事も指します。ちなみに、ファイナンシャルとは『金融の』という意味で、フィナンシャルとも表記します。
ファイナンシャルプランナーが日本で認定されたのは、1986〜1987年にかけてです。プランナーとは、企画や計画を立て、支援を行う人の事を指します。

ファイナンシャルプランナーの資格

資格のない人にファイナンシャルプランナーのお仕事はできません。その資格に関してですが、日本では国家資格と民間資格の両方があります。国家資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士と呼ばれる資格です。一方、CFP資格はCPF協会の実施する試験を受け、それに合格した後に指定研修を受け、修了と同時に資格を得られます。
研修と試験はどちらが先でも構いません。AFP資格は、AFP協会に加入し、指定研修の修了と試験の合格を持って、資格の獲得となります。また、CFP資格を習得していると、1級のファイナンシャル・プランニング技能士の試験の際に学科試験を免除されます。まず、ファイナンシャルプランナーの民間資格にはCFP資格とAFP資格があります。
国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士は、名称独占資格なので、資格を持っていない人が持っていると証する事は法律で禁じられています。なお、研修は別個受ける必要があります。ファイナンシャルプランナーになる為には、定められた試験を受け合格し、資格を獲得する必要があります。
1〜3級まであり、2級のファイナンシャル・プランニング技能士の試験はAFPの認定試験も兼ねているので、2級を獲得した時点でAFP資格の試験に合格した事になります。先に誕生したのは民間資格の方で、国家資格は設立から6年しか経っていないので、現在は民間資格の所有者が多いようです。一方、AFP、CFPの方は名称独占資格ではありませんが、商標登録はされています。

資産運用におけるファイナンシャルプランナーの役割

ファイナンシャルプランナーは、試験を受け、その試験に合格した人のみに与えられる資格です。しかし、これはファイナンシャルプランナーの役割としては逸脱しています。このあたりの匙加減は、まだ職業として認定されてから歴史が浅い事もあり、しっかりしたビジネスモデルの確立にまでは至っていない事から、個人の裁量という事になっています。ですので、ややもすれば、特定の会社の金融商品を紹介する事で、その会社の広告塔になることがあります。
クライアントを満足させる為には、そういった特定の会社、特定のプランばかりを紹介するのも、一つの手法としてはありと言えます。つまり、顧客を幸せにする事が、ファイナンシャルプランナーの役割と言えます。それらが特定の会社に偏ってしまうのは、ある程度仕方のないこととも言えます。これもまた、ファイナンシャルプランナーの役割と言えます。
ファイナンシャルプランナーは、資産運用、金融商品を紹介する立場にあります。しかし、試験勉強だけでは学べない事もまた多いと言えます。ファイナンシャルプランナーの役割は、顧客の資産から、理想となるライフスタイルの実現可能へ向けて、資産運用や金融商品をどう活用すれば良いかという助言を行い、顧客が豊かな生活を送れるようにする事です。
あくまでも、ファイナンシャルプランナーの役割は顧客重視です。とは言え、優良な資産運用、金融商品は限られています。どこまでがモラルに反する行為なのか、どこまでがOKなのかというのは、各FPが責任を持って判断する必要があるということです。

ファイナンシャルプランナーの将来性

現在、日本では資産運用を行う人が急増しています。そこで、ファイナンシャルプランナーの出番というわけです。その認知度はまだまだ高いとまでは言えず、数年前までは試験を受けに来る人も少なかったくらいです。しかい、ここ数年でかなり事情が変わりました。
資産運用を行う人の多くは、自分が正しいのかどうかわからないまま行っているので、ファイナンシャルプランナーのアドバイスを求める人はかなり多く存在するでしょう。やはり、国家資格という国が保障する資格というものは、影響力も大きいですし、安定した需要が見込めます。まだ日は浅いですが、国家資格として確立したことで、その将来性は確固たるものになりました。そういう意味では、ファイナンシャルプランナーの将来性はかなり有望だといえます。
FXなどの外資を扱う資産運用に人気が集まっています。その背景には、資産運用のムーブメントが大きく影響しています。今後更に資産運用が一般に広がっていけば、当然ファイナンシャルプランナーの数も増え、その職業は安定したものへと変わっていくでしょう。ちゃんとした試験を受け、その試験に合格し、研修も受け、資格を得た人の言葉には説得力があります。
ファイナンシャルプランナーは、まだ認定されてから日の浅い職業です。今のうちに国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士を獲得しておけば、将来性豊かなお仕事を早い段階で行えますよ。そうなると、そういった金融商品に対してのアドバイスにも必然的に需要が集まります。

記憶術に関する情報を無料で配信しています。記憶術をもっと深く知るためにも、是非、無料のメールマガジンにご登録ください。役立つ情報を配信します。
※ご登録後も不要なら、いつでも解除できます。

  
名字
 (例:山田)
メールアドレス
 ※携帯不可
(例:yourmail@yourmail.com)
       [ 規約 ]



Copyright © 2008 記憶術の活用でファイナンシャルプランナーにも一発合格!